明日に向かって老いろ!

明日に向かって老いろ!

「いつまでも若いと思うなよ」というタイトルも刺激的ですが、この「明日に向かって老いろ!」というオビもなかなかに、キテます。

image

ジャケ買いした、という夫の本を、ちょいとお先に拝借。

夫と私は本屋で手に取る本も、立ち寄るコーナーも違いますが、それぞれが選んできた本は互いの琴線に触れることが多く、よく交換して読みます。

さて、この本は、この部分が印象的でした。

男女の別なく人は「若い」→「まだ若い」→「もうそんなに若くない」→「もう若くない」→「老人だ」という五段階評価をしながら人は老いに慣れていく。

「自分の老い」に対して、人は誰でもアマチュアだ。

本文より

今の私の自己評価は「もうそんなに若くない」です。
あと、数年で更年期を迎えたら、「もう若くない」となるのか、「まだ若い」に逆戻りするのか、私も私の老いが初体験なので、分かりません。

でも、今のところ、昔に戻りたいと思ったことや、あの頃は良かったなんてことは一度もないので、あと40年経っても、同じかな。もう一回やり直し、と言われても、もうその時のようには頑張れません。

平均寿命まで生きるとしたら今はほぼ折り返しの40歳

孔子の「不(まどわず)」には、(くぎらず)」という説があるそうです。

の方だと、自分の枠を区切ることなく、色々なことにチャレンジして突き進め、という意味になるとのこと。

私は、面白いと思ったらジャンルを問わず、惑いもせずに、猛進する傾向があるので、不惑と不或の中庸あたりを目指して40代を楽しもうと思います。

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様の応援のお陰でランキング上位となりました。ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ