西田美穂の「顔の歴史」と「美容医療の履歴」

西田美穂の「顔の歴史」と「美容医療の履歴」

こんにちは、西田美穂です。

このポスターなどに使われている私の昔の写真が割と好評?なので、西田美穂の歴史と共に「顔の歴史」と「美容医療の履歴」を振り返ることにしました。

 

これは38〜39歳頃(約6年くらい前)の写真です。

その頃、のべ10年ほど勤務していた福岡の見寺絢子クリニックを退職し、開業に備えてもっと勉強するため、2歳だった息子を引き連れて、東京に引っ越しました。

東京では、マンションの2階に保育園を備えたマンションに住んで(家賃高すぎて死ぬかと思った)、息子を預けつつ、福岡ではなかなか学べなかった施術を経験したり、他施設の見学に行ったりしていました。たまの息抜きは、趣味の歌舞伎鑑賞に行くこともありました。

その頃の一枚がこれです。

久しぶりに見ると、随分太ってるし、口角はうまく上がってないし、眉毛を上げるクセがついてますね。うつむき加減で自信なさげに見える。

ま、それでも、なんというか、丸々して幸せそうな気もするし、良い意味でも悪い意味でも、まだ「カド」みたいなもんがない頃かな。

東京生活を1年ほど過ごした後、もっと美容医療について真剣に勉強し直したいと思い、福岡大学形成外科に入局しました。

もともと昭和大学形成外科で専門医研修を行ったので、違う大学に再入局するというのは、割と珍しいことだと思います。

福岡大学形成外科では、博多駅クリニックで美容医療部門の責任者を務めました。

様子を見にきてくれた見寺絢子先生と。見寺先生は美容医療のイロハを教えてくださった師匠です。

この頃は少し痩せてますね。ダイエットというより、しばらく食事が喉を通らないイロイロがありました。

2年ほど勤務した後、2018年に開業しました。開業当時は、17歳の頃体重になりました。私的には嬉しかったのですが、周りからは病気を心配されていたようです。

顔中にウイルス性のイボが増殖したので、炭酸ガスとVbeamで必死で治療しました。

開業当時の写真↓ 42歳。眉間にボトックスを打ってるはずですが、それでも抑えられない険しい顔立ち。

そこから現在45歳。開業3年目。割と上手に笑えるようになりました。

写真)39歳→45歳

この間に行った美容医療について、質問を受けることが多いのでお答えします。

【ボトックス】定期的に必ず打っています。

眉間・額・あご(おとがい):2〜4ヶ月に1回

エラ(咬筋):6ヶ月に1回

その他たまに バニー、口角、目尻

※西田のボトックス施術部位についてさらに詳しくはコチラ
【ハイフ】6ヶ月に1回

【ヒアルロン酸】4年前と3年前に頬、顎など

【光治療】3ヶ月に1回(本当はもっとしたい)

【高周波】6ヶ月に1回(本当はもっとしたい)

【ピーリング】3ヶ月に1回くらい、なんとなくザラつきやクスミが気になった時に

【イオン導入】たまに、新しいスタッフの練習台として

【ホームケア】デイリーPD、VCローション、たまにスキンブライセラム0.25

美容医療以外で行ったこと

・美容院を変えた

・ダイエット

・45歳から歯列矯正

・1ヶ月前から週に2回ジムで筋トレと整体

人の顔というものは、人生、体重、メンタル、美容院、そして美容医療などで変わっていきます。

シワが無くてもメンタル次第では険しい顔にも見えるし、痩せたから綺麗になるわけでもない。

上手に笑顔が出せるように、人生をうまくコントロールしていきたいものですね。

そんな中で、美容医療でお手伝いできることがありそうなら、ぜひご相談ください。

西田美穂

Beauty Tuning Clinic

092-717-8640

ともかく、ボトックスは欠かせない。