医師向けのボトックスの講演 in 岩城佳津美先生のクリニック(京都)

医師向けのボトックスの講演 in 岩城佳津美先生のクリニック(京都)

こんばんは、西田です。

先日は、京都府長岡京市にある岩城佳津美先生のクリニックに、医師向けボトックスセミナーの講師として招聘いただきました。

いわきクリニック形成外科・皮フ科・美容皮膚科 HPはコチラ

ボトックスの医師向けセミナーで講師を務めるのは二度目ですが、今回は、前回とワケが違う!

※前回の講演についてはコチラをご覧ください。

1回目は対象がビギナードクター(と聞いてたのに、エキスパートの先生もお越しいただいて焦りましたが・・・)でしたが、今回、お集まりいただいた先生方は、岩城先生を筆頭に超ウルトラエキスパートの皆さま方です。

タイトルは「私の愛するボトックス治療:BTX(ボツリヌストキシン)-Tuningとは」です。

BTX-Tuning(ボツリヌスチューニング)のコンセプトとしては、

表情筋をボツリヌス治療で調律(コントロール)しよう!というものです。

楽器のチューニングでも、その音の方向性というのがあるかと思いますが、我々の目指す方向性は筋肉の過緊張を調整して、

美しい笑顔で笑えるようにすること

その正確な調律のために、筋肉の解剖とその動きを知り、一人一人の表情のクセや個性を見極めて、的確な位置にボトックスを打つことの重要性などをお話しさせていただきました。

また、表情と感情の関係と、そこに与えるボトックスの影響などについても触れました。

その辺りの話は、仕事というよりほぼ趣味です。

ミホ=ニシダの説によると、ボトックスは人を笑顔にし、ミラーニューロンの働きで、その周囲の人も笑顔にし、世界は幸せになります。

そもそも、ボトックスに限らず、

美容医療は自信を回復させ、笑顔を増やし、その周りの人をも幸せにする加齢医療だと考えています。

セミナー後は、岩城先生にヒアルロン酸を注入していただき、私もハッピー!

口角を上げるのはボトックスよりヒアルロン酸の方が適している!

と、身をもって学びました。

岩城先生、素晴らしい機会をいただき本当にありがとうございました。注入もありがとうございました!

頰も上がり、口角も上がり、気分上がってます🎶

参加していただいた先生方も、ありがとうございました。

記念撮影は笑顔バージョンと眉間のシワバージョンです。

皆さん、笑顔の方が素敵ですね!

アラガン社の皆さまも、ありがとうございました。

ボトックス大好き!表情筋大好き!

西田美穂