つるっとした額に:ヒアルロン酸注入+ボトックスを併用した症例

つるっとした額に:ヒアルロン酸注入+ボトックスを併用した症例

マスク生活が長くなり、マスクでは隠れない部分の「おでこをつるっとさせたい」というご要望をいただくことが増えて参りました。

おでこ(額)を「つるっと」させるためには以下の二つの要件が必要です。

1)立体的な凹凸を滑らかにする

2)皮膚表面を滑らかにする

本症例では

凹み:額の皮下脂肪のやせ

膨らみ:眉上の筋肉

皮膚表面:額の筋肉によるシワ

が目立ちます。

そこで

凹み:ヒアルロン酸注入

膨らみ:眉上の筋肉にボトックス

皮膚表面:額の皮膚にマイクロボトックス(ボトックスを皮膚表面に作用させる打ち方)を行いました。

これらの治療により、額が「つるっと」しました。

額のやせ(凹み)が強い場合や、眼瞼下垂がある症例では、ヒアルロン酸で額の形を整えることを先行させ、その後にボトックスを打つと「まぶたの重さ」などの副作用を防ぐことが可能です。

額のやせや眼瞼下垂がない場合は、ボトックスだけでも額を「つるっと」させることが出来ます。

額を「つるっと」させたい方はぜひご相談ください。

45歳院長 額の「つるっと」には自信があります。5年前にヒアルロン酸注入、定期的にボトックスを行っています。

当院のスタッフ(35歳〜55歳)もみんな「つるっと」していますよ。

ぜひご来院の際は、お気軽に「つるっと」の理由をお尋ねくださいね。

Beauty Tuning Clinic

西田美穂