なかなか治らないニキビあとの「赤み」へのVbeam治療

なかなか治らないニキビあとの「赤み」へのVbeam治療

 

なかなか治らないニキビの「赤み」に対してVbeamによる治療を行いました。

この「赤み」って、なかなか治らずお悩みの方が多いですよね。

以前、見寺絢子クリニックで勤務していた時にニキビの患者さんが大変多く、オバジ(ニューダーム)や、保険診療も多く行なっていましたが、最後までどうしても治せなかったのが、このニキビ跡の「赤み」でした。

この「赤み」をいつか絶対治せるようになりたい、という思いから、私が開業したらVbeamを買う!!!と心に決めてVbeamを買いました。

そして、開業して実際にVbeamを手に入れたものの、扱いにくいやら、維持費が高すぎるやら、後悔した日も・・・憧れの彼と実際に付き合ってみたら、超ワガママで贅沢好きで、うんざりって感じすか?違うか。

Vbeamはニキビの赤みに関して、本当に良い結果を出してくれます。

ようやく、このニキビ跡の「赤み」に対して、患者さんに自信を持って勧められる治療を自分ができるようになったんだ!と感無量。

本症例(上)は、1ヶ月に1回、計6回 VBeamを施術した後の7回目施術直前の写真です。

本症例(下)は、1ヶ月に1回、計3回 VBeamを施術した後の4回目施術直前の写真です。

Vbeam以外の治療>自宅ではホームケアとしてディフェリン、首の膨らんだニキビ跡にはケナコルト注射を行なっています。

Vbeamの合併症>腫れ(3日〜7日間)、紫斑(7日間)

Vbeamは、保険診療では赤アザの治療などに用いられる機器で、ニキビ痕の赤みや、頬の赤み、ケロイドなどに有効です。
特にニキビ痕の赤みについては、なかなか治らず、放っておくと凹凸の原因にもなるため、なるべく早めに治療しましょう。
ニキビ治療は保険診療の対象ですが、ニキビ痕の治療は自由診療の対象です。ニキビが出来たら、まず保険の皮膚科へ。
それでも改善しないニキビと、ニキビ痕の治療はぜひご相談ください。
※当院では、保険診療は行っておりません。(2020年1月〜自由診療に特化しました)

ちなみに、ニキビ以外の顔の赤みについては、光治療がお勧めです。

1週間くらい、すんごい腫れて良かったらVbeamがさらにお勧めです。
___________________________________
Beauty Tuning Clinic🏥
〜美容調律診療所〜
ご予約はお電話で
📞092-717-8640