唇へのヒアルロン酸注入症例

加齢に伴って上あご~歯を支える骨が小さくなると、鼻の下から上唇は長く、平坦になります。

年齢が上がるに従い唇は「ハリ」を失って「しぼんで」いき、薄くなります。

これらのことから、「鼻の下が長く」「間延び」した状態になると、顔は「老けた」印象になってまいります。

唇にヒアルロン酸を注入することで、全体の印象を「若々しく」整えることができます。

唇の注入では、よく「K姉妹」のようになりませんか?と聞かれますが、

もともとの唇のボリュームや、カタチに、ご希望に応じて適切な量を注入すれば、不自然になることはありません。

ヒアルロン酸注入の合併症:痛み、皮下出血、凹凸、しこり

ごくまれな合併症:アレルギー、感染、循環障害

ぜひ、ご相談ください。

092-717-8640