唇へのヒアルロン酸注入症例

加齢に伴って上あご~歯を支える骨が小さくなると、鼻の下から上唇は長く、平坦になります。

また次第に唇は「ハリ」を失って「しぼんで」いき、薄くなります。

これらのことから、「鼻の下が長く」「間延び」した状態になると、顔は「老けた」印象になってまいります。

本症例では、ヒアルロン酸を唇に注入することで、唇のボリュームとハリを出しています。

ヒアルロン酸注入の合併症:痛み、皮下出血、凹凸、しこり

ごくまれな合併症:アレルギー、感染、循環障害

本症例の注入:唇にはジュビダームビスタボルベラ 1cc

その他、頬部、顎などにもヒアルロン酸の注入を行っています。

ぜひ、ご相談ください。

092-717-8640