眉間のシワ、額のシワへのボトックス症例

眉間のシワ、額のシワへのボトックス症例

眉間と額のしわに対してボトックス治療を行った症例です。

お写真のご協力ありがとうございました!

眉間と額のシワに対してボトックス注射を行いました。

本症例で特に注意したポイントは、額のしわに対するボトックスで まぶたが重くならないようにすることでした。

まぶたの皮膚に軽度のたるみがある場合、額の筋肉(前頭筋)で眉毛を上にあげることで 目の大きさを保っていることが多いので、ボトックスが過剰に効いてしまうと「まぶたが重い」ということが起きます。かと言って、ボトックスが少なすぎると「シワが取れない」ということになります。

そこで、まずは、ボトックスが向いている人、向いてない人、の適応を決めることが最も重要ですが、次に大切なのは、打ち方です。

本症例では、まぶたが下がらないように注意しながら、眉毛の直上を避け、額の中央を中心にボトックスを細かく打ちました。

当院では、一人一人の筋肉を見ながら、ボトックスを打つ量、打つ場所、打つ層を変えています。

また、それを毎回記録して その方のニーズになるべく沿うようにしています。

適応を見極めながら慎重に少量から投与し、1か月以内に足りない場合は追加する方法を行っています。

ボトックスがトラウマになっている方も、ぜひ再チャレンジしてみませんか。

【施術量】

アラガン社ボトックス

眉間10単位、額8単位

リタッチ時(本写真を撮った時)に右眉山の上がるクセを修正しました。

その際は2単位追加しました。

【費用】

額のシワ、眉間のシワ2部位 50,000円(1か月以内の調整費用込み、税別、再診料別)

※本症例では眉間はお試しボトックス1万円∔額3万円で施術しています。

【合併症】

痛み、皮下出血、眉毛下垂、眼瞼下垂、違和感、頭痛など

額のシワに対しては、ボトックス治療よりもヒアルロン酸注入や眉毛下皮膚切除、上眼瞼挙筋短縮術が有効な場合もあります。

当院では医師の診察の上、適応がある方のみに丁寧かつ慎重に施術しています。

 

ご予約はお電話で

092-717-8640

西田美穂