男性のしみ・イボ(脂漏性角化症)に対するレーザー治療

男性のしみ・イボ(脂漏性角化症)に対するレーザー治療

55歳男性の老人性色素斑(しみ)と脂漏性角化症(イボ)に対して、Qスイッチ付きヤグレーザーと炭酸ガスレーザーによる治療を行った症例のご紹介です。

【診断】

脂漏性角化症

老人性色素斑

【治療】

脂漏性角化症:局所に麻酔注射を行った後、炭酸ガスレーザーを用いて組織を蒸散させた。

老人性色素斑:Qスイッチヤグレーザーを照射した。

その後、自宅処置として2週間

ロコイド軟膏を毎日2回塗布していただいた。

施術直後の状態↓↓↓

【施術直後】

 

【合併症】

炎症後色素沈着:レーザー施術後に照射部に一時的に色素沈着が生じること

出血、感染、痛みなど

【治療費用(税別)】

名刺大程度のシミイボ取り放題 30,000円×左右=60,000円

初診料3,000円

4週後再診時再診料 1,000円

総額:64,000円∔税

【最後に】

現在、こうしたHPへ掲載する症例写真は医療広告とみなされ、厚生労働省から厳しく制限されています。

症例写真では患者を誤認させる恐れがあるものは禁止されています。

この症例が際立って良好な経過なわけではなく、虚偽ございません。男性の脂漏性角化症では平均的な結果であることを明記しておきます。

西田美穂