ほくろの炭酸ガスレーザー治療&手術治療

ほくろを炭酸ガスレーザーと手術で除去した症例のご紹介です。

「顔のほくろ全部取って!」とのリクエストに対して、一部を手術で切除し、

その他は炭酸ガスレーザーで加療を行いました。

顔のほくろの治療では、まず良性か悪性かを見極めることが重要です。

良性のほくろの多くは、炭酸ガスレーザーによる施術が可能ですが、

大きさや部位によっては、手術の方が傷跡が目立ちにくくなるため、手術をお勧めすることもあります。

【処置内容】

局所麻酔後、炭酸ガスレーザーを用いて色素性母斑(ほくろ)を蒸散

写真赤丸部は、局所麻酔後、メスで切開して皮膚全層で切除した後に縫合した。

写真右)施術後6か月後

【費用】

レーザーによるホクロの除去は3mmまで15,000円、3~5mm 25,000円で施術

見た目の改善を目的としたほくろの除去手術は、1個あたり30,000円

∔初診または再診料

【アフターケア、合併症など】

レーザー治療の場合、1~3週間程度のテープ保護が必要です。

手術は1週間後に抜糸が必要です。

施術後3か月程度は赤みが目立ちますが、次第に改善します。

その他、再発、陥凹変形などの問題点があります。

また、レーザーで蒸散した場合、病変の正常診断はできないため、ほくろの性状診断(悪性かどうかの鑑別)をご希望の場合は皮膚科専門医のいる一般皮膚科を受診してください。

西田美穂