自称敏感肌・自作敏感肌

自称敏感肌・自作敏感肌

「私、もともと皮膚が薄いんです」
「私、すごく敏感肌なんです」
とかなり多くの女性が自己申告されます。

でも、本当に生まれつき肌の薄い敏感な方、というのは自己申告の1割程度なのではないか、と子供達のサラサラすべすべ肌を眺めながら思います。

自称敏感肌の彼女たちの肌を見ると、確かに、薄く、赤くなりやすく、乾燥しやすく、敏感な肌状態になっていることが多く、マイクロスコープで拡大してみると、肌の肌理(キメ)皮溝がほとんどありません。つまり角質がほとんどない状態になっております。


写真>マイクロスコープによる皮膚写真。三角形が肌理。40代女性頬部、肌理中等度

この角質というのは本来皮膚の最外層にあって、外界の異物や刺激から皮膚を守る鎧のような働きをしていますが、それが無い状態なのですから、ちょっとした刺激にも過敏に反応したり、水分を与えてもすぐに蒸発したり、いわゆる敏感肌になってしまいます。

そして、この角質がなぜないか?というと多くの方の場合、クレンジングや化粧、自己流スキンケアによって自分で破壊してしまっていることが多いようです。
特にクレンジングには化粧を落としやすくするための成分である界面活性剤が多く含まれており、これが角質の細胞や角質細胞の間を埋めている自前の天然保水成分も破壊してしまいます。

化粧を熱心に落とさないと肌に悪いから、と念入りに洗浄すればするほど、皮膚を壊してしまうこともあります。また、崩れにくいクリームファンデや、化粧と肌の密着効果を高める高機能下地も、角質に密着して破壊することがあります。そもそも、肌に少しでも残るとマズイ様なものをべったりと日中つけてるのがどうか、とは思いますが・・・

皮膚は、とてもデリケートな物。よく私は患者さんに「あなたの皮膚はより薄い」と申し上げます。

「桃はすこし押せば痛みます。すこし強く圧迫すれば黒くなったり、実と皮がズレたりします。皮膚が桃より繊細だ、と自覚していただき、どうか優しく皮膚を扱ってください。絶対にこすったり、叩いたり、自己流のマッサージはやめて下さい」

自称敏感肌の方は、まず

①洗いすぎてないか
②こすり過ぎてないか

と見直してみてください。この2点を気を付けるだけで、肌の赤みや乾燥が改善する方も多くいらっしゃいます。また、シミも薄くなるというオマケもついてきます。
角質が戻り、肌の正常な機能が回復すると、肌は外界からの刺激に強くなり、また修復能も増すからです。肌は本来とても賢いのです。

乾燥しているから保湿剤を足すと言う足し算ではなく、やり過ぎを引く引き算も重要だと思います。
(しかも、お金もかかりません)

何をつけてもトラブルがつづいている方のために保険診療、スキンケアアドバイスをするだけでなく、メディカルエステ、敏感肌用の基礎化粧品・ミネラルファンデーション(自費)などご用意しておりますので、ご相談ください。

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様の応援のお陰でランキング上位となりました。ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ