息子の誕生日祝い★あたし美穂だからの選択

息子の誕生日祝い★あたし美穂だからの選択

先日は、息子の6歳の誕生日でした。彼の、たっての希望により晩御飯は、ぐんぐん回るお寿司屋さん!
{BEE89230-5FCA-4376-B102-DCC74D572ACD}
回転寿司やさんには、行く度に新たな試行錯誤がなされていて、驚きです。夫も嬉々として注文!
{E5340B85-CF86-4CB5-A11B-743FBC612CB5}

息子も4月から小学生になり、学童保育が始まります。

世間から聞くところの「小1の壁」に不安がいっぱい。周りのママ先輩たちに御指南を仰ぎながら、4月からの診療体制を検討しています。

今までは保育園のおかげで残業や、突然の仕事の延長も可能でしたが、今後はそうはいかなくなります。

時間の割り振りをうまくやらなくては・・・

と、悩んでいたら、今度は仕事と入学式のダブルブッキングにぶちあたりました。

{436A2FDF-5EF6-4D71-B050-7C5ADA903F03}
仕事か、入学式か。
これは、時間をやりくりしてどうにかなるものでなく、どちらかを選ぶしかありません。
「あたしおかあさんだから」「あたしおかあさんだけど」とさんざんウジウジした挙句、福岡大学形成外科に泣きついたところ、仕事の方は経験豊富で超優秀な先生が変わってくださることになりました。
医者には私に変わる方が山ほどいても、母親の代わりはほかにいない、と言ってくださる方もいましたが、息子に私が入学式にいた方が良いかどうか聞いてみたところ、「おばあちゃんが来るならどうでも良い」と言われ、医者としても母としても、私の代わりはちゃんといる、と分かりました。
一人息子からさえも すげなくされた今、
誰かの人生にとって、私の代わりはいくらでもいることは身に沁みましたが、私の人生にとって私の代わりはいないので、私は自分の一番したいことをしたいと思い、息子の入学式に参加することにしました。(私のわがままのために、ご迷惑をおかけすることになった先生には、本当に申し訳ないです。心から感謝しています。)
とりとめのない記述になってしまいましたが、私がこの選択をしたのは「あたし美穂だから」であって、「あたしおかあさんだから」我慢したワケではないです。
忖度して犠牲になったつもりでも自己満足に過ぎないことは多いもの。
選択の責任を心のどこかで誰かに転嫁したりすることなく、
その都度、自分の責任のもとで自分のすることを選択して、一度きりの自分の人生を楽しんで生きていきたいと思う今日この頃でした。
不惑。
迷い続けて42歳…

福岡大学博多駅クリニック

西田美穂

ぽちっとお願いします。

ランキングに参加しています