お酒は、眠れないことを覚悟の上で呑むことにした。

お酒は、眠れないことを覚悟の上で呑むことにした。

最近、自分の睡眠について検証してみたくなり、新兵器を購入しました。
{35D4A366-A4D4-4E5B-A77F-69C8365DF9A3}

fitbit  HR 製品情報 コチラ
 

これをつけて眠ると、睡眠の深さを心拍数をもとに分析してくれます。
ある日の睡眠は7時間27分
{A9D194BB-F811-4421-B327-19888C80317C}

 

{07F3042C-3F56-4622-BF0A-1B9B1E31A001}

この日の目覚めは爽やかでした。

また別の日。
{A6B816B1-2A12-44C5-A838-7240B9B6BC79}

午前3時過ぎに覚醒してから寝付けず、5時過ぎにうとうとしましたが、目覚めは最悪でした。

この二日間の違いで思い当たるのは、夜の飲酒量と気温です。
眠りの浅かった日は、スパークリングワイン、ワインを夕食時に、楽しくたっぷり飲みました。
また、この夜は、気温が急にいつもより上がったのに暖房はいつものままだったのも関係しているかもしれません。
{336015CE-E59C-4931-ADFF-24E0905B8D1C}

最近の睡眠動向を分析してみると、よく眠れる日とそうでない日があり、眠れない日にほぼ共通していたことは、夜の飲酒でした。また、ビール350ml程度では、睡眠に影響を与えないということもわかりました。

飲んでないのに眠りの浅い日が一日ありましたが、それは悲しい出来事のあった日でした。
 
去年は、寝つきが悪く、夜中に何度も起きるので睡眠導入剤にしばしば頼っていましたが、そういえば、毎日のようにお酒を呑んでいました。
 
お酒が体に良いのか悪いのか、色々な説がありますが、少なくとも私の睡眠にとっては悪影響だと分かったので、これからは、眠れなくても良い時と眠りたくない夜に、眠れないことを覚悟の上で、たまにお酒を楽しもうと思いました。
 
ライフログをつけ、現実を見つめてもなお、呑みたい日だってあるんだ!!!
 

福岡大学博多駅クリニック

西田美穂

ぽちっとお願いします。

ランキングに参加しています