浄水皮ふ科クリニック☆井上詠子先生にヒアルロン酸注入治療をしていただきました。

浄水皮ふ科クリニック☆井上詠子先生にヒアルロン酸注入治療をしていただきました。

福岡大学博多駅クリニックは12月28日で仕事納めでした。
さて、私は日頃患者さんに対し、機器やヒアルロン酸を用いて「たるみ」の治療を行っていますが、最近、自分自身の「たるみ」も気になって仕方ありませんでした。
少し痩せたせいでしょうか。
30代前半までは、体重が減ったら「痩せたね」と言われていたのに、40歳を過ぎたあたりから、痩せても「疲れてるね」とか「やつれたね」と言われてるようになりました。
そこで、浄水皮ふ科の井上詠子先生に、ヒアルロン酸注入をお願いしました。
浄水皮ふ科クリニック HPコチラ
{88917D2F-BF99-476A-B62D-95ADDCCE882C}
ヒアルロン酸注入治療は、注射で手軽に出来る簡単な治療だと思われがちですが、そうではありません。
顔面の解剖を習熟して、正確な層に適切な量を慎重に入れることが、安全性と効果を向上させる上で大変重要です。
 

このため、最近は知識と技術を信頼し、かつ友人でもある井上詠子先生に施術を依頼しています。

 

以前は、自分で自分に施術することもありましたが、今はきっぱり止めました。

鏡を見ながら、自分で自分に行うと、どうしても無理な角度で注入せざるを得ず、そうしたやり方だと、ヒアルロン酸注入に伴うリスクを高めることになるからです。
 

今回は先日、一緒に飯尾先生のクリニックで学んだこと(記事コチラ)の復習も兼ねて、ジュビダームビスタボリューマを主に使い、注入ポイントと量や層、そしてその効果を確認しながら丁寧に注入をしてもらいました。

 
詠子先生、年末の忙しいなか、本当にありがとうございました。
明日も会うけど・・・