見寺絢子先生とTAO千秋楽♪芸術と筋肉に萌えるクリスマス

見寺絢子先生とTAO千秋楽♪芸術と筋肉に萌えるクリスマス

今日は、見寺先生とTAOを観に行ってきました。
和太鼓の力強い響きが身体を震わせ、パフォーマンスに大興奮。参考動画
{36FADD41-9FD3-4A6F-813E-4C2A4DFEABFD}
千秋楽ということもあり、クリスマスバージョンの特別な演出を楽しむこともできました。

 

その後は、見寺先生とキャナルの中のグランドハイアットでお茶。
20余年の見寺絢子クリニックは一旦幕を閉じ、新年からは新体制が始まります。
見寺先生本当にお疲れ様でした。

 

{760DAFFC-854F-4569-8D8D-BF631DA52144}

クリスマスらしく聖歌隊によるコーラス

さすがグランドハイアット(←ハイアットには大恩義がある件 コチラ
 
ところで、TAOはその芸術性も素晴らしかったですが、若衆達の筋肉にシビれました。
私は、自己の肉体美の追求を目的にジムで鍛えた筋肉にはあまり興味がありませんが、生活の中で自然と鍛わった筋肉の美しさや、アスリートが競技の向上を目的として鍛えた筋肉の美しさには、かなり萌えます。
今日も、太鼓を打ち鳴らすためについた広背筋や僧帽筋、三角筋に見惚れてしまいました。漁師さんの上腕二頭筋や大胸筋、アスリートの大腿四頭筋と腓腹筋、剣道の達人の前腕屈筋群…たまりませんな。