福岡大学博多駅クリニックにも慣れてきました。

福岡大学博多駅クリニックにも慣れてきました。

博多駅クリニックに10月から常勤として勤務するようになって、もう一か月以上過ぎ、ようやくここでの過ごし方に慣れてきました。

 

大学病院関連施設ということで、色々な制約もあり、物事が進むのには多くの会議が必要で、決まるまでに時間がかかると言うことを知りました。

 

その他、手順とかマニュアルとか、大学病院という組織では色々な決まりごとが大切だということも分かってきました。

 

今まで、比較的、自由な職場で過ごさせていただいていた私には、まだ多少馴染めない点もありますが、

医者という仕事は、突き詰めると患者さんと自分との一対一の関係ですから、どの組織に所属しても、どの立場であろうとも、仕事内容は一緒です。

 

赴任したばかりの時は、患者さんに何かの治療を開始したいと思った時に、他の職種との連携や私の慣れなどの問題で、速やかに進まず、もどかしく感じることありましたが、最近はスムーズに行えるようになりました。

 

image

赴任早々、学会でドタバタしたり、停電でバタバタしたり、

気のせいか、私の周りはいつも小さな事件で溢れていますが、

何か起きる度に、周りの方に助けていただきながら、いつもなんとか乗り越えています。

 

とは言え、さすがに、10月は疲れが溜まったのか、先週まで体調を壊していましたが、ようやく改善。今日は、夏から計画していた休みです。

うふふ。憧れの人に会いに行くのです。

 

福岡大学博多駅クリニック

西田美穂

  

※10月以降の見寺絢子クリニックでの診察担当日には変更があります。西田の診察を希望される方は、お手数ですが見寺絢子クリニックに直接ご確認くださいませ。