浄水皮ふ科 A子問題

浄水皮ふ科 A子問題

これは、果たし状かもしれない。

はたまた、ラブレターかもしれない。

 

先日、「見た目のアンチエイジング研究会」に参加したことをブログに書きましたが、その件について、浄水皮ふ科のA子先生にブログの内容を丸投げされるという事態に直面しました。

 

浄水皮ふ科の問題のブログは コチラ 

 

なんと、起承転結の「起」を書いておいて、その後は全部委ねる、という強烈なオチ。

前もって、A子さんが「美穂ちゃーん。ブログ書くやろ。任せるわー」とぼやいていましたが、まさか本気で実行するとは思いませんでした。

さすが。

有言実行のひと。

彼女は私の知る中で、最もクレバーな人の一人で、しかもそれを決してひけらかすことのない、私とは正反対の性格で、奥ゆかしく謙虚な人格者です。

そんな彼女が妹さんと作ったクリニック「浄水皮ふ科」は、彼女たち二人の優しさが随所に詰め込まれています。特に、二人合わせて6人の子供のビッグマザーなだけあって、女性と子供たちへの配慮が素晴らしい。 

 

浄水皮ふ科には、最新美容機器も揃えてあり、そのラインナップは垂涎ものです。

設備一覧はコチラ

 

特にこの蓄熱脱毛の機器は「毛」で悩む子ども達のために数ある機械から彼女たちが最も子どもに負担が少なく、しかも効果がある物を選び抜いたそうです。

M22も、よく雑誌で取り上げられる最新の光治療器で、当院のBBLと双璧を成す素晴らしい機器だと思います。

 

以前、美容業界のある重鎮のドクターに言われたことがあります。

「A子先生は、貴方のライバルだよ。診療圏も一緒。だから、あまり仲良くしない方が良いんじゃない?」

彼女のような優秀な人とライバルと言われたことは、とても嬉しく、早速、彼女にその重鎮の言葉を誇らしげに告げると、彼女はハニカミながら

「これからも仲良くしようね♡」

と言ってくれました。

 

この美容医療業界を商売と見るならば、確かに、彼女の存在は脅威(商売敵)なのかもしれません。

ですが、あくまでも私は(そして彼女もきっと)この仕事を医療だと思っています。

 

医療である以上、医者である我々は、患者さんのために多くの情報を互いに共有し、知識を高めあい、切磋琢磨する義務があると思います。

そんな中で、年も一緒で、興味も近いところにある彼女の存在は、本当にありがたく、これからも多くを共に学んでいきたいと思います。

自分だけでは気付かない視点を、彼女が気付かせてくれることも多くあります。

ありがとう、A子さん。

 

見寺絢子クリニック
西田美穂 

もし宜しければクリックをお願いします。↓モチベーションになります。いつも、応援ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ