クレンジングは基本のオイル選びが大事⭐︎ビザリアコスメ使い心地

クレンジングは基本のオイル選びが大事⭐︎ビザリアコスメ使い心地

先日、東京に行った際に、銀座ビザリアでクレンジングと石鹸を仕入れてきました。

クレンジングクリームは、クリームなのに、軽くて私好み。

 

クリームクレンジングとオイルクレンジングには昔から懐疑的だったのですが、ビザリアの小島先生に、「一番大切なことは、クリームかオイルかとかいった性状ではない。

クレンジングに必要なことは油性のメイクとよく馴染み、かつ皮脂を過剰に刺激しないような皮脂に近い上質なオイルの選択だ」とご指導をいただき、それ以来、クリームクレンジングも使うようになりました。

メイクを肌に負担の少ない上質なオイルで馴染ませた後、石鹸でさっと洗うというW洗顔に切り替えてみて、とても肌の調子は良いように思います。

 

通常の市販のオイルクレンジングやクリームクレンジングには一般的にミネラルオイルと言われるいわゆる鉱物油が使われていることが多く、これは安価で刺激もなくメイクとも馴染みますが、メイクと一緒に皮脂も洗い流してしまい、人によっては皮脂分泌異常を起こしてしまうことがあります。

 

ビザリアのクレンジングに使用されているオイルは「エミューオイル、マカデミアナッツオイル、ホホバオイル➕企業秘密」で 皮脂に近い組成でなじみのよいもの、酸化しにくく肌トラブルを起こしにくいもの、使用感のよいものを小島先生が厳選しているとのこと。

 

化粧品はしっかり落とさないとシミになる、という伝承?から「しっかり落とす」ことばかりが重要視されてきていますが、適切でない落とし方だと、角質バリアを破壊してしまうことで、皮脂も保水機能も奪われるため、皮膚はカラカラ、それを補おうとかえって皮脂の分泌が盛んになり毛穴が目立つ、という悪循環に陥ります。

 

よくある混合肌のお悩みの方は大体がこの洗い過ぎによるもので、角質バリアがなくなったタイプに見られる問題だと思います。

 

クレンジングは、ベースとなる油分に注意して選びましょう。

 

image

今回仕入れてきたクレンジングクリームと石鹸2種。

小島先生ありがとうございましたm(_ _)m

※小島先生は、私が勝手に小島師匠と呼んでいる皮膚科の専門医の先生で、銀座ビザリアと私の間に何にも利益相反はございません。

見寺絢子クリニック

西田美穂 

もし宜しければクリックをお願いします。↓モチベーションになります。いつも、応援ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ