プラズマ治療の効果とダウンタイム考

プラズマ治療の効果とダウンタイム考

先日、銀座ビザリアの小島先生にお願いしてプラズマ治療を受けて経過を書きましたが

①銀座ビザリアでのプラズマ治療体験記①施術前~当日 コチラ

②銀座ビザリア訪問記☆ピコトーニングとプラズマ2日目経過 コチラ

③プラズマ治療の経過(翌日~6日間のダウンタイム)コチラ

その後の経過についてご報告したいと思います。

まずはプラズマアイ(目元ぱっちりプラズマ)

上>施術前

下>施術後

写真を撮ったのが上は銀座で、下は自宅なので、光の入り方もカメラも違うため、写真上、正確に評価を行うのは難しいのですが、瞼裂の開きが特に目の外側で明らかに良くなりました。眼の窪みも改善し、全体的に目が明けやすくなった印象です。

もともと左目はやや下垂があったのですが、外側が持ち上がって、目のカタチが少し変わったのと、大きくなったことで、若いころ悩んでいた三白眼が少し出てしまうほどになりました。

写真を拡大していただくと、目元の小じわのできている範囲が狭くなっていることもわかります。でも、まだ小じわはありますし、拡大すると色素沈着も肝斑も目立って、私は、我ながら、なんでこんな、どすっぴんの恥をさらしてるのか・・・ひとえに小島先生との約束を果たすため。

治療してもらったら、ちゃんと結果は書くと約束したから・・・繰り返しにはなりますが、私と小島先生との間には、ブログに書くという約束と、モニター料金での施術以外の利益相反はありません。

「あんた、小島先生がカッコいいけん、仲良くしたいだけやろ」と悪女友達には言われましたが、「ゲスの勘繰りだ」と言い返してやりました。

小島先生は確かにカッコいいだけでなく、技術も知識も豊富で、とっても素敵な男性ですが、私の大好物は名古屋風甘辛手羽先から揚げとか宮崎チキン南蛮のような、しっかりこってり甘くて濃い味です。(そこ、聞いてない?)で、本題に戻ります。

 

image

施術数日後

このように、外側にしっかり当ててもらったのが良かったんでしょうかねえ?

 

で、肝心の毛穴です。写真左>施術前 右>術後

この写真では目元のシワも結構わかりますね。はぁ・・・(溜息)

 

毛穴はかなり引き締まりました。目元のシワとたるみも改善しました。

写真ももう少し同じ条件で撮らないと、特に毛穴は改善効果が分かりにくいのですみません。

ただ、通常ありがちな、施術後の写真は化粧水つけた状態とかでなく、どちらも、どすっぴんで加工ナシ、洗顔して何もつけない状態で10分以上放置してからの写真ではあります。

 

この治療は、これがゴールではなく、通常6週おきで施術。

毛穴に対しては5~6回、目は3回が1クールの理想のようです。

1クール終わったら効果が2年続くらしい。

 

さてさて、この効果とダウンタイム(5日間はカサブタすごかったですし、施術後数時間は結構つらかった)天秤にかけると、どうでしょうか?

私の天秤は、この効果なら「また、やりたい!でも、休み前を利用してやりたい!」に振れます。

 

最近の美容医療はダウンタイムが少ない方に流れがちですが、私はその傾向については、必ずしも良いとは思っていません。

もともと形成外科専門医なこととか、白黒つけないと気が済まない性格とか、せっかちとか短気とか、性格の問題もありますが、ダウンタイムがある治療にはそれなりの得られる効果もあると思っているからです。

もちろん、一番最悪なのはダウンタイムが長くて、しかも治療効果が低い治療です。一番良いのはダウンタイムが短くて治療効果が高い治療だと思いますけど、私は「ちゃんとした治療効果が得られるのであればダウンタイムは容認できる派」なので、このプラズマ治療はなかなか良い治療だと思いました。

オバジもその点では好きです。ダウンタイムに応じた結果が返ってくるからです。

 

で、小島先生、また、私にプラズマしてくださいね~!

と、自分がやってもらうだけでなく、ぜひ、良い治療は、患者さんにもご体験いただけよう私も準備しなくては。

 

見寺絢子クリニック
西田美穂 

もし宜しければクリックをお願いします。↓モチベーションになります。いつも、応援ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ