シミ・肝斑治療マニュアル・レーザートーニング問題

シミ・肝斑治療マニュアル・レーザートーニング問題

肝斑とは本当に厄介なシミの一種で、その原因や治療については医者の間でも意見が分かれています。
特に肝斑に対するレーザートーニングの効果や作用機序については賛否両論色々ありますが、この医学雑誌ではかなり論点が整理されまとまっていました。
レーザートーニングというのは、QスイッチYAGレーザーを比較的低出力で病変全体にシャワーのように照射する施術のことで、肝斑に効果があるとして一時期大ブームになりました。
以前は肝斑にレーザーを当てることは禁忌(当てると悪くなる可能性が高い)と言われていたため、レーザートーニングにより肝斑が改善するという報告は、肝斑治療に悩んでいる我々医師にとっては一つの福音でもあったからです。
ところが、レーザートーニングの照射が簡単であるが故、シミの診断を的確にできない医師や、合併症の初期サインを見抜けない医師までもがこぞってレーザートーニングを始めたため、「白斑」や「色むら」「効果なし」といったクレームが全国で頻発し、一時期はレーザートーニング反対論が高まったこともあります。
この医学雑誌にはそのあたりのことも詳しく書かれて非常にまとまっており、大変よい勉強になりました。
{D4D6D56D-A4AB-4CD5-B65E-3B66F8CBB558:01}
新しい治療方法は、とても魅力的ですが、思わぬ問題を引き起こすこともあり、ある程度見極めた上で取り入れていきたいと思っています。
当院でも、肝斑だけでなく、炎症後色素沈着や扁平母斑の改善など皮膚のやや深いところにある病変に対してレーザートーニングを実施しており、安定した結果を出しております。
ご興味のある方はぜひご相談ください。
<関連記事>
最先端情報収集&勉強+後出し〈気味)ジャンケン方式 コチラ
 

見寺絢子クリニック
西田美穂 

もし宜しければクリックをお願いします。↓モチベーションになります。いつも、応援ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ