頬骨変態によるヒアルロン酸注入治療考(ビスタシェイプ)

頬骨変態によるヒアルロン酸注入治療考(ビスタシェイプ)

ここ数年、ヒアルロン酸の注入治療が好きです。

なんで好きなのか、自分でもよく分からなかったのですが、最近分かりました。

私は頬骨が好きなんです。頬骨の輪郭が透けて見えるような顔も好きです。

だから、頬骨周囲の形態を整えてリフトアップにつなげるビスタシェイプ(後述)に惹かれるんです。

このグレーの部分が頬骨です。
出典日本形成外科学会HPコチラ

男性俳優さんだと、歌舞伎役者の市川染五郎さん、それに伊勢谷友介さんの頬骨は素晴らしいです。

{34325A50-2D40-4384-A8F9-8DC568825F65:01}

松竹歌舞伎会雑誌「ほうおう」より

{59A94B8E-6901-483E-B5CE-570AA0A5C7DD:01}

出典コチラ

この頬骨のフォルム・・・うっとりしてしまいます。
でも、男性だけではありません。

女性では、中谷美紀さんの頬骨はパーフェクトです。

出典f.hatena.ne.jp

最近のヒアルロン酸注入治療では、単にシワを埋めるだけでなく、加齢によって萎縮していく骨(特に頬骨)のボリュームを補うような注入を行うことで、若々しい顔立ちを作るような注入方法が主流となっており(いわゆるビスタシェイプ)、常に頬骨を意識しながらの注入が必要です。

ビスタシェイプに関しての詳細はアラガン社HPコチラ

ただ、私は頬骨が好き過ぎるあまり、頬骨が本来持つ美しいテトラポッドのような形態を意識して注入するとビスタシェイプの注入ポイントとは若干ずれてきます。

しかしながら、仕上がりをナチュラルにするためには、もともと人が持つ頬骨に近い形態にすることが重要だと考えているので、最近ではビスタシェイプに若干アレンジを加えて注入しています。

ビスタシェイプのポイントを忠実に守ると、リフトアップはできるのですが、斜め横から見た時の頬骨のラインが不自然になる方がいらっしゃるからです。

患者さんの顔を見ながら、その方の頬骨を感じ、最適なヒアルロン酸の注入ポイントを決めていきます。

形成外科医として、頬骨の骨折の治療の際に、ナマ頬骨を多く見ていた経験がヒアルロン酸治療に生きるとは想像もしていませんでしたが、ヒアルロン酸を骨まわりに注入することが増えた今となっては、その経験が大変役に立っています。

基本的に仕事バカなので、最近は人の顔を見るとその下の頬骨を想像し、ヒアルロン酸注入ポイントを考えてしまったり、素敵な男性を見ても、つい、頬骨を想像してしまったりするので、たぶん、頬骨が好き、を超えて頬骨ヘンタイなんだと思います。

昔から「好きこそものの上手なれ」とよく言われます。

頬骨変態に、ヒアルロン酸注入を任せてみませんか?

ドン引きされることは覚悟のうえ。
もう、色々と開き直ることにしました。

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様の応援のお陰でランキング上位となりました。ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ

<関連記事>
ヒアルロン酸でリフトアップ:ビスタシェイプとは(コチラ)
60代女性のヒアルロン酸によるリフトアップ(ビスタシェイプ)(コチラ)
ダイエット×ビスタシェイプ(ヒアルロン酸リフトアップ)のススメ(コチラ)
ビスタシェイプ・ベストシェイパー受賞を見寺絢子先生に報告(コチラ)

マレフィセントさんは、やりすぎです。

マレフィセント公式HPよりコチラ