一年の計は元旦にあり。今年もよろしくお願いします。

一年の計は元旦にあり。今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

平和な正月が迎えられるのも、色々な皆様に支えていただいたおかげ。
本当にありがとうございます。

image
写真>千草ホテルロビーHPはコチラ

さて、「一年の計は元旦にあり」

と言われるので、今年の計を考えてみました。

医者としては
「目の前の患者さんに対して、最善を尽くせるよう精進する」
ということで、毎年変わりません。

ブログとしては
「週に二回以上は更新する」

運動は
「月に二回以上する」

お酒は
「二日酔いにならない程度で止める」

その他
「余計なひとことを言わないように努力する」

「しばらくサボっていた英会話を週に2回以上はする」

「学会発表を2回以上する」

「呑まない日を週に2日くらいは作る」

目標は具体的であればあるほど現実になる、と、大変勤勉で優秀な尊敬する友人に習いました。

私は、猪突猛進型の暴走特急なので、もう少し慎重になることや計画性を身に着けることが必要だと自覚しています。

ところで、私の趣味は歌舞伎鑑賞で、江戸文化が大好きなのですが、江戸のマンガを描かせたら右に出るものはいない杉浦日向子さんの「一日江戸人」による江戸人風、正月の過ごし方。

①大晦日の晩は寝ずに元旦を迎えると寿命が延びる。
②年があらたまったらスグに水を汲む。それを飲むと病気をしない。
③初日の出を見ると寿命が延びる。
④恵方参りをすると運が開ける。
⑤福茶を飲むと壮健になる。
⑥屠蘇は長寿延命の薬
⑦三が日嫁を楽させると家が繫栄する。
⑧新春の勝負事は開運出世になる。
⑨元旦の房事は早く老ける。
⑩猥談による初笑いは強運を呼ぶ。
⑪宝船の絵をふとんの下に敷くと吉夢が見られる。
⑫初湯に入れば若返る。

{1C5901EE-BF58-4D3A-B211-76C76C0034E6:01}
さて、今から初詣をして、福茶と屠蘇をのみ、下ネタで初笑いを終えたら、風呂にでも入るか。

皆々様も、良いお正月をお過ごしください。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様の応援のお陰でランキング上位となりました。ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ