母から仕事モードへの切り替えスイッチ

母から仕事モードへの切り替えスイッチ

息子の弁当を作り、朝の食事を食べさせ支度をさせ、幼稚園に送り届けてバタバタ過ごしてから、職場に迎うまで、私には密かなお楽しみ時間があります。

喫茶店のモーニングを食べながら、味わう心地よい孤独。

その日すべきことを整理したり、ちょっとぼーっとしたり、新聞を読んだり、母から仕事モードに切り替えるリセットタイムです。

{FEE5D0A5-B7F8-48DE-8BCB-D636F442F67C:01}

決して、某コーヒーショップの笑顔の素敵なナイスガイ(※私が白飯を食べ過ぎた件コチラ)に会いたくて、わざわざ遠回りをしている訳ではありません。「Sサイズで良かったですよね」と微笑まれてときめくだとか、「お席まで僕がお持ちします」と言われて、ちょっとドキドキするだなんて、いやいや、そんなことは・・・

あくまでも、仕事モードにスイッチを切り変えるために必要だから、私は某コーヒーショップでに立ち寄り、仕事に向かうのです。

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様の応援のお陰でランキング上位となりました。ありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ

トキメキはハッピーエイジング・アンチエイジングの妙薬。
ただし、量はコントロールしないと、ね♡