講演は人のためならず&切らない美容医療セミナーin 上川端クリニック

講演は人のためならず&切らない美容医療セミナーin 上川端クリニック

今日は、上川端クリニックで、「切らない美容医療」について講演を行って参りました。

上川端クリニックさんには、今回初めてお伺いしましたが、川端商店街の中の便利な場所にあり、とってもお洒落な空間です。設計した事務所が当院と一緒というご縁での、この度の繋がりでした。

 さて、演題は「切らない美容医療」ということで、切らずに(手術せずに)できる美容医療について、具体的な治療の方法や効果についてお話をいたしました。

世界の美容医療の動向としても、「切る」治療よりも「切らない」治療が増加の傾向にあります。

また、この動向で注目したいのは「切らない」治療の中で、ボトックスは施術数ダントツ1位だと言うことです。記事コチラ(国際美容形成外科学会HP )

(日本語の記事はコチラをご覧ください。)

日本では、まだまだヒアルロン酸の方が何故か人気ですが、日本の美容医療はガラパゴスとも言われています。半周遅れて、日本にもボトックスが流行る時代が来るでしょう。

そのほか、今日のセミナーでは、美容医療がまだ身近では無い方が多かったので、エステとの違いや、ボトックスとヒアルロン酸の違い、機器の治療と注入治療の効果の違いなどについてお話をしました。

セミナー講師の仕事をすることが、最近割と多かったです。以前は自分でも何のためにしているのかよく分かりませんでした。自分が一生懸命勉強したことのエッセンスや、試行錯誤した経験をまとめて発表して、結構労力と時間も使って、一体何になるんだろう?と。同業者のドクター相手のセミナーも多く、聞きにきている先生方は、うちより流行ってるクリニックの先生ばかり。

私、何のためにこんな疲れることしてるんだろう?と自問自答しつつも、ここ数年は「お座敷がかかるうちが花」をモットーに、予定の許す限り講演してきました。

今更ながら、最近、ようやく分かった気がします。

こうしたアウトプットは、全部自分のためになります。

4月にボトックスの講演をする!となれば、それまでに経験する一つ一つの症例から「物が言える」ための考察をしたり、仮説を立てそれが正しいかどうか論文で検証したりする、という作業を講演の日まで繰り返します。

講演の機会がなくても、もちろん毎回症例には真剣に向き合っているつもりですが、日々の診療の忙しさを言い訳に、自分が既に大体できることには胡座をかいてしまい、それ以上の疑問を感じたり考察をしたりすることが疎かになってしまうかもしれません。私は、もともと勤勉な性格ではないので、講演をしなくてはならない、というプレッシャーで、自分を追い込んで怠けさせないようにしています。

「情けはひとのためならず」=人のためでなく、自分のためですよ。

という言葉がありますが、

「講演はひとのためならず」=人に教えるためでなく、自分が勉強するためですよ。

という気持ちで、最近は講演を行ってます。

でも、なかなか人前で話すのはストレスも多く・・・コロナの影響で予定調整などあり・・・今後は講演以外の方法にアウトプットをシフトするのも良いのかな、と考え始めてツイッターやブログをぼちぼち頑張ってます。

西田美穂