セカンドバージンロード、サードライフ

セカンドバージンロード、サードライフ

「11月21日までに、先生、私を綺麗にしてください。その日は私の結婚式なんです」
今から約三カ月前のある日、夕暮れの診察室で、42歳になったばかりのアヤコさん(仮名)が少し思いつめたような表情で、私の目を真っ直ぐみつめながら、言いました。

ハッキリとした大きなシミ(老人性色素斑)が二つ、散在する小さなシミと毛穴、それに全体的ににくすみも見られ、眉間には立派な縦ジワがありました。まず大きなシミにはQスイッチレーザー照射を行うこととし、レーザー後にオバジゼオスキンをアグレッシブに2か月使用して集中リセット。
その後、式の直前はエレクトロポレーションによる美肌治療、背中のニキビにはピーリングとイオン導入、眉間ボトックスなどをご提案しました。

レーザーにより、シミが改善し、オバジにより全体的な肌質の改善も得られた10月末。
「アヤコさん、式に充分間に合いますね!オバジはあと2週間続けて、直前はエレクトロポレーションで仕上げに入りましょうか。」
と私が言うと、彼女は下向きかげんになり、静かな口調で噛みしめるように言いました。

「先生、たぶん、もう式は無いんよ。」

私「え・・・・・」
アヤコ「2回目やったと。今度こそは幸せになろうと思っとったけど・・・」
私「ん・・・そうかぁ・・女の人生色々あるけんねえ。私も、昔ね・・・」
  ・・・中略(診察室なのに女子会に突入)・・・
アヤコ「40越えたら、色々あるよね・・・」
私「ね・・・みんな色々抱えとるよ。さて、治療、これからどうします?」
アヤコ「続けるよ。先生。私、もっと綺麗になりたい。どんなしたらいいか教えて!」
私「じゃあ、ますます磨いて・・・次、やね。オバジはもうちょっと続けましょうか。眉間のシワは…」
アヤコ「ボトックス予約しとく。先生、私、がんばるね!」

診察室を出る時のアヤコさんは、今までお会いしたどの日よりも明るい笑顔で、また新たな人生のスタートを切りました。セカンドバージンロードを歩く筈だった今日、21日を彼女はどんな思いで過ごしているのでしょう。
今夜は彼女の今後の幸せを祈って乾杯します。

女の人生いろいろ。シミもいろいろ。
40も過ぎればシミも増えるし事情も増える。
幸せと喜びを増やすために私たちにできることがあれば、全力で応援いたします。

見寺絢子クリニック
西田美穂

※当院では、コースを組むことや、事前に一括で費用をお支払いいただくことを行っておりません。←これには良い点と悪い点があるため、コースを組むことが悪いという意味ではなく、あくまでも当院の方針として、です。
目的やタイムリミット(結婚式、同窓会、デート)に応じて医師が治療計画をご提案しますが、患者さんのご希望を第一に、経過によって相談しながら、治療内容は柔軟に随時変更が可能です。治療費用はその都度、その日にお受けいただいた施術に対する分を施術後にお支払いいただいております。
※写真はA子さんではありません。

もし宜しければクリックをお願いします。↓皆様のおかげで1位をいただきました。応援本当にありがとうございます。

美容皮膚科 ブログランキングへ