実家伝統行事:4月1日のエイプリールフールに嘘をつく。

実家伝統行事:4月1日のエイプリールフールに嘘をつく。

こんにちは!

シンガポール分院の話に「おめでとう!」と言ってくださった皆様、ごめんなさい。
真っ赤な嘘です。

毎年4月1日はなるべく嘘をつくようにしています。

もともとこれは小学生のころから続けている実家の伝統行事です。
大体の場合、私と母が共謀して父を騙していました。

父は会社員で、真面目な性格の普通の人だったので、4月1日には毎年毎年、いとも簡単に騙されてくれました。
学生時代には、旅行先のフランスから、「パスポートをなくして帰れなくなった」と嘘をついて心配をかけたこともありましたし、
独身時代には「お父さん、結婚することになった。」という娘の嘘に、毎年騙される父親でした。

嘘もついて良い嘘と悪い嘘がある(心配にさせる嘘はだめ)と毎年嘘をつき続けて学んだため、
最近では、嘘だと分かった時に、笑える嘘をつくことを心がけています。

そんな家族の伝統行事も、父が13年前に膵臓がんで亡くなり、母と私で騙し合うのも虚しく、ほかに周りにはまんまと騙されるような人がいなくて、嘘をつく甲斐もなく、実家伝統行事の衰退を侘しく感じていました。

ところが!
今回のシンガポール進出の嘘は、いつも暖かく見守ってくださるF様と、優しくて紳士なY様が騙されて下さり、「先生すごい!おめでとう!」とのお言葉もいただいて、
善良な方を騙して申し訳ないやら、久々に引っかかってくれた方が出て嬉しいやら、

F様、Y様!本当にごめんなさい!嘘です。

4月1日以外にお二人に嘘をつくことは絶対ありません。

でも、4月1日は来年も嘘をつきます。

どうか、また騙されてください!

本当にありがとうございました!お二人のおかげで良いエイプリルフールになりました。

・・・というわけで、
シンガポールには進出しません。
福岡で、しっかり地に足をつけて診療を行ってまいります。

今後とも福岡でよろしくお願いします。
その他、騙された皆さん、ほんとごめんちゃい。

西田美穂