趣味と実益を兼ねてメイクレッスン

趣味と実益を兼ねてメイクレッスン

多くの女性にとって、メイクとは、鎧のようなものでしょうか?

ファンデを塗り、チークをつけ、まつ毛を盛って、口紅をひくと、なんだか女子気分がアガります。

でも、ふと気づくと20年前から自分のメイクがアップデートされてないことに気づきました。眉毛は細いのが正解なのか、太いのがいいのか、チークは昔は頬骨から口角に向けて斜めに入れてたけど、丸く入れるのが流行ってたかと思ったら、今どきの子たちは上のほうに入れてるし、それを40女がするときっとイタイし、目の周りにメイクをしたら夫からタヌキ呼ばわりされるし、どうしていいのか分からなくなって、意を決しプロに習いに行くことにしました。

最初は自分がうまく化けるために通っていたのですが、次第に、メイクの持つ力が自分自身の仕事にも活きることに気づき、月に1~2回、趣味と実益を兼ねて定期的に通っております。

例えば、どこにハイライトを入れるとが立体感が増して華やかになるのか、若々しく華やかに見えるのか、ということをメイクの先生が教えてくれるのですが、つまり、その部分を高く見せるようにヒアルロン酸を注入すると効果が高いのだな、というヒントになります。

ここに影があると疲れて見えるから、ここの影はメイクで消しましょう、と言われると、「あ、そこの影はレーザーで改善させるか、ヒアルロン酸だな」など考えながら、レッスンを受けてます。
メイクをするようにヒアルロン酸を使って立体をデザインする、って面白いな、なんて新たなヒアルロン酸注入のコンセプトを考えたり。。。職業病です。

と言いつつ、ほとんどただ楽しんでいるだけのような気もします。私のリクエストに応じて着物メークやパーティメーク、秋メイクを習い、せっかくなのでデートメークも教えていただきましたが、それが役立つ日は来るのか・・・

メイクにはメイクにしか出来ない良さもあり、ヒアルロン酸注入治療やレーザーにはそれにしかできない良さもあります。ヘアも重要だし・・・でも、その各分野の力が集結すると、とってもすごい力を産むと思います。

メイクのプロや、ヘアのプロ、ファッションのプロの力を借りて、寄ってたかって誰かの綺麗を応援する、なんてビューティコロシアムみたいなことをもっと身近に出来たら面白いな、なんて夢想しています。

{9836B406-189D-4D2A-85DD-CC666FCE9A84:01}
写真>メイクレッスンで先生に書いていただいたレッスンメモ

私が通わせていただいている福岡市中央区けやき通り「自分の為のメイク教室」の先生のブログはコチラ
単発でレッスンをしていただけるのも、とても助かります。
先生、いつも有難うございまーす(^o^)/

見寺絢子クリニック
西田美穂

もし宜しければクリックをお願いします。↓


美容皮膚科 ブログランキングへ